So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
顔/美人論 ブログトップ

小向美奈子容疑者の顔 [顔/美人論]

覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕状が出されたタレントの小向美奈子容疑者の顔を、彦坂流の《言語判定法》による分析してみます。なかなか恐い顔をしています。


komukaiminako.jpg

dunk_14_1.jpg

2007-04-08-0.jpg

102078691_2.jpg

目が印象的で、白目の部分の白さが強いのですが、こうした女性は、最近多く出現してきているように思います。とは言っても統計や記録を取っているのではないので、あくまでも印象ですが、こういう目をしていることと、彦坂尚嘉の《言語判定法》で、《現実界》だけの人格をしている人は重なります。こういう《現実界》だけの人格を示す女性が増えている印象があります。

ピクチャ 5.png



20110210_1273501.jpg


彦坂尚嘉責任による
[小向美奈子の顔]の分析


《想像界》の眼で《超次元》のデザイン的性格の顔
《象徴界》の眼で《第51次元から100次元 近代の闇/キッチュ》のデザイン的顔
《現実界》の眼で《第1次元》の《真性の性格の顔》

《現実界》だけの性格の顔。
プラズマの様態だけの性格の顔。

主体/人格の有無:無い


《気晴らし的性格》
《ローアート》的な性格。
シニフィエ的な性格。
原始脳だけの性格。

《原人格》《人格》《反人格》《非人格》《無人格》《世間体の人格》《形骸》《炎上》《崩壊》の全
人格梯子が無い。

《原キッチュ的性格》《原イラストレーション的性格》《原デザイン的性格》《原シンボル的性格》の概念梯子が有る。

大衆的キッチュな性格。貴族の人格が無い。

性格の意識の大きさが《孤児》である。
情報量が100である。
クリエイティヴな性格ではない。

ピクチャ 6.png

普通の意味で《1流》の美人なのですが、《現実界》だけの性格で、しかも性格の空間の大きさが《孤児》です。

社会性を形成する《象徴界》が、第51次元から100次元 近代の闇/キッチュ》であるというのは、驚くべき結果です。

どのような親たちで、どのような環境で育ったのか興味がありますが、麻薬問題を起こした事を含めて、抑制性を形成する性格の部分が無い顔なのです。

04.jpg

20110211_1807794.jpg

gnd0212000-p3.jpg

20090226-01.jpg



タグ:小向美奈子
顔/美人論 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。